葉っぱ

知っておくべきこと

悩む人

知っておきたいこと

自分がまだうつ病かどうか判断できない時は、自分が本当に抱えているのか知りたいでしょう。また、もしうつ病になってしまっていたらどうしたらいいかということも知っておきたいですよね。そういった人に向けて、ここではうつ病で知っておくべきことをまとめてみました。
まずは、うつ病かもしれないと思った時のことです。こう思ってしまったら、まずはインターネットで「うつ病のセルフチェック」を行なってみてください。セルフチェックでは、幾つかの項目をチェックすることでうつ病が発症している可能性を確認することができます。最近は、医師が監修しているセルフチェックもあります。こういったチェックなら信憑性があるので、監修者は誰なのかを確認した上でチェックしてみるといいでしょう。そして、うつ病の可能性が高いと結果がでたらうつ病について相談できる窓口を利用しましょう。現代では、各市町村が用意している窓口があります。そこに電話すれば、うつ病についての相談を行なうことができます。いきなり病院へいって相談するのは抵抗があるというのなら、電話でまずは相談することをおすすめします。そこから実際に病院を受診したり、治療を進めていきましょう。

うつ病になりやすい人とは

うつ病になりやすい人は、真面目・几帳面・気をよく使う人などといった人がかかりやすいとされています。こういった人は、責任感を強く抱いてしまって自分がちゃんとしなければいけないというプレッシャーを感じやすい人間になります。うつ病は、こういったストレスで発症してしまうので仕事をよく頑張っている人や何も言い返せない人が発症しやすいとされています。他にも、人間関係を上手く続けられない人もなりやすいです。あまり意見を言わない、他の人と同調してしまう、嫌という表現ができないなどです。これらは、自分の感情を押し殺して行なってしまうので、無意識にストレスがどんどんと蓄積していってしまうのです。このようなことが引き金でうつ病は、発症してしまいます。また、治療を受けていてもこういった性格の人はカウンセラーに自分の気持ちを伝えないことがあります。こうなると、治療を続けていてもあまり効果を期待できなくなってしまうことがあります。ですから、治療しながらカウンセラーにも自分の思いを話せるように努力することも、うつ病を完治させる為に必要なこととなるでしょう。