心の病気となる「うつ」の治療について知っておこう

健康になるにはまず心から

重度の症状になったら

医師と患者

うつ病には、軽度と重度の症状にわかれるといわれています。重度の場合は、長く症状が続いてしまうと心身ともに負担が大きいでしょう。ですから、治療を続けながらも自分でも行なえる対処法を試してみるといいでしょう。

知っておくべきこと

悩む人

心の病気であるうつ病は、わからないことがたくさんあるでしょう。これは、発症している本人、身近にいる家族や友人なども含まれます。ただ、うつ病の症状でよくあることはあります。それについての説明と治療についてご紹介します。

心の症状だけではない

ハートを持つ人

うつ病の症状について

うつ病は、心が弱くなっていることでマイナスな考えになったり、何も興味や関心を持てなくなったりしてしまいます。そのため、うつ病の症状で代表的なのは「やる気がでない」というのがあるでしょう。ですが、やる気がでないというよりも「やる気があるのにやる気がでない」というほうが正しい表現になります。ただやる気がない人は、怠けものでしょう。ですが、うつ病の人は頭ではしなくてはいけないと理解しているのに脳のコントロールが上手くいかなくて、行動に移すことができません。そのため、うつ病の人は気持ちが焦ってしまってどんどん症状が悪化してしまうこととなり、抗うつ剤などの薬物治療を受けなければいけなくなります。また、心の症状だけではなく体にもうつ病による影響で起こる症状が出てきます。それは、不眠、摂食障害、頭痛、発熱、体のだるさなどです。これらの症状が起こると生活に大きな支障が出てしまいます。

厄介なのは「不眠」

うつ病の影響で起こる不眠は、とても厄介です。その理由は、人間の体というのは睡眠を取ることで体の状態を休ませる効果があります。そのため、睡眠が取れない状態になってしまうとどんどん体に疲れが溜まってしまいます。そうなると、ストレスもどんどん溜まっていきます。ストレスが蓄積してしまえば、うつ病の症状は悪化していく一方ですし、それによって不眠も継続となって体を休ませることができなくなっていくでしょう。ですから、不眠となった時はすぐに医師に相談して睡眠導入剤などを処方してもらうようにしましょう。また、不眠を解消する薬に依存しないよう注意できるように処方される量も調節してもらうことをおすすめします。医師に相談すれば、うつ病の治療に上手く不眠を解消できるように薬を処方してもらえます。他にも、摂食障害が起こった時もすぐに相談してください。摂食障害は、食べないまたは食べ過ぎるという状態になります。この状態になると、体への負担が大きくなってしまいますし、栄養を摂取することが難しくなってしまいます。これも症状が悪化すると深刻な問題となるので、おかしいと思った時点で医師に相談することをおすすめします。

あまり知られていない病気

ドクター

現代だからこそ「うつ病」という言葉をよく耳にするようになったでしょう。ですが、それでもまだまだ認知度の低い病気になります。どういった病気なのか、また治療は何をするのかこのページではご紹介します。

予防はできるのか

男性

うつ病になると治療を続けて心身ともに辛い思いをすることになるので、できればなりたくないと思うでしょう。そう思っているのなら、予防してみませんか?しっかりと病気について知り、対策すれば予防できる病気です。

周りにいる人達の接し方

女の人

実は、うつ病という病気は周りにいる人達の理解があって治療を続けて治せる病気です。ですから、周りにいる家族や友人、恋人、職場の人達などもこの病気について知っておき、正しく接するようにしましょう。